消費者金融 金利

消費者金融のキャッシング

お金がピンチになってしまったとき頼りになるのがキャッシングだと思います。親や知人から貸してもらえれば良いのですがお金のことで他のひとに頼りたくないという場合もあると思います。その点、金融会社のキャッシングはあくまでもビジネスなので人間関係のわずらわしさも無く割り切って利用できると思います。

 

金融会社のキャッシングには大きく三つに分けることができます。ひとつめは銀行のキャッシングで二つめは消費者金融のキャッシングです。三つめは信販系のキャッシングです。銀行が提供しているキャッシングは金利も安く銀行が運営していることで安心感もあると思いますが誰でも自由に利用できないというデメリットもあります。

 

アルバイトやパートで働いている場合は安定した収入が毎月あったとしても銀行のキャッシングを利用するのが難しくなっています。三つめの信販系のキャッシングとはクレジットカード会社が提供しているキャッシングのことです。クレジットカードに付帯しているキャッシングなので便利なのですがクレジットカードを持っていないと利用できないというデメリットがあります。

 

このようなデメリットが比較的少ないのが消費者金融のキャッシングです。銀行のキャッシングを利用するのが難しいアルバイトやパートで働いている方でも利用できる可能性がかなりあります。多重債務がある方などは消費者金融でも審査に通るのは難しいと思いますが、安定した収入があって他社からの借り入れが無い方ですとか他社からの借り入れが総量規制内の額であれば審査に通る可能性があります。

 

金利は銀行よりも高く設定はされていますが担保も保証人も必要とせず比較的誰でも自由にキャッシングが利用できるのですから利点は大きいと言えるでしよう。

 

▼参考になりました
プロミスで在籍確認なしで借りる方法※職場に電話がくるのが嫌な人へ
http://dassodesign.com/

無利息で利用できるカードローン会社をいくつも

無利息で利用することが可能なカードローンと言うのが実はいくつかあります。条件があるわけですが、それを満たしていれば何回でも、というところもあります。初回に限り、というところもありますから、そのあたりはよくよくチェックしたほうがよいでしょう。

 

但し、そもそも無利息であろうとも借りたお金は返すことになります。返済を元本はする必要があるわけですから、それには注意したほうが良いです。つまりは、無利息であろうとも返済に関する負担はそこまで軽くなっているわけではない、ということです。それに無利息といっても最初の一週間とか一か月、初回のみばかりですから、年単位で借りて金利なし、というわけではないのでそもそも大した利息ではないことのほうが多いです。

 

ですが、これに対して良い活用法があります。それがロンダリングです。ロンダリングといいますとどうしても悪い印象を受けますが、要するに資金を回すことです。

 

無利息のところで条件が合えば、二社、三社と回して借りることによってかなり長い期間、金利なしで借りられる可能性があります。この方法は意外と有効的ですからカードローンを使う時には検討してみるとよいです。但し、何枚もカードを作ることになります。

返済率から見るキャッシング カードローン審査の当落線

皆さんは返済率という言葉をご存知ですか。返済率とは、金融機関が使う返済額を年収で割った数値で、この数値で融資の当落線を決めます。返済率とキャッシング、カードローンの審査の当落について解説します。

 

返済率の説明されているサイトを読むと、毎月の返済額÷年収の12分の1で求められるとされていますが、実際の金融機関の作業は違います。

 

最近は残高スライド方式などのミニマムペイメントを払うと毎月の返済額が小さくなりますし、契約期間もありますので、この計算式は適さないのです。

 

大体何処の銀行でも、全ての債務額を2年間(緩い所は3年間)で完済するとして考えます。年収300万円の人が総額100万円の借入をしていれば、返済期間2年間 年利15パーセントと推測して、毎月の支払額は48,487円、返済率は48,487円÷300万の12等分ですから約19.39パーセントです。

 

通常、返済率が30パーセントを超えると返済がキツくなり、自己破産が認められやすくなりますので、この辺りの数字を睨みつつ総量規制に違反しない等を考えながら融資の当落が決定されていきます。

 

返済率が高い人はキチンと返せているといっても、追加融資を断られるのはこの様なカラクリがあるからです。是非参考にしてみて下さい。